からだのこと日々のこと旅のこと
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< SriLanka ファーマシー坊や | main | SriLanka 何しに来たの >>
SriLanka 蓮とおやじ

キレイ の向こう側は おやじ
このおやじにから蓮を購入しお寺の祭壇に手向けます。(蓮はひとつ100Rs≒90円)ちょうど夕刻18:30-プージャの時間。夕暮れ時の茜色の空 日本と同じように美しく 切ない 綺麗な色。

さてさて、
SriLankaでもおやじを沢山見ます(なんちゃう文や 書きながら笑えてきた)
インドでもそうだっように遭遇するのはやっぱりおやじ。

SriLankaとIndia
むちゃむちゃ似てて 全然違う。
土地も人の見た目も育つ物も南インドとほぼ一緒やなー、ココナッツごりごりやしー、スイカや赤バナナだって食べれるー、、あれあれ、なんだか全然違うーっ

南インド タミル(Hindu教)からの移民の方もおられますが、7割は仏教。お寺もインドで見てきたものより日本っぽい。ちょっと親近感を持てるのは見慣れてるからか。街の人も 穏やかで親切。誇りを持って自国にプライドがあります。これはインドと一緒にしないでって言うのが伝わってくるほど。お寺で見たいくつかの物は日本から。東本願寺から送られてきた鐘や室生寺からの仏像も見ました。京都とも関わりがあるのか、知らなかったな。

日本からの支援と援助で建てらた施設も沢山あるそうです、また日本が第二次大戦後敗戦したのを援助してしくれたのもスリランカ、日本が一番最初に外交関係を交わしたのもスリランカ、ぜんぜん知らん勉強不足やった…。歴史的背景からも仲良しのようです。

だからみんな優しくしてくれるのかなー。親日◎ 親日◎

…なぜだろ
ちょっとものたりなさを感じました。
幸せな事なのにね。
インド的 がつがつ
インド的 てきとーう
インド的 ごちゃごちゃ
インド的 ハートの中まで平気で入ってくる
言えばキリがない…
正直 三日で疲れるし、やるせないけど、なぜか求めている自分を発見w

なんでやー


蓮を手に持つ おやじ
Temple of the Tooth Relic
?? ????











スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://mahonomahoo.jugem.jp/trackback/495
TRACKBACK