からだのこと日々のこと旅のこと
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
..France..


前回来た時はちょうど2000年のイベントライトアップされていたので...
かれこれ13年越しのエッフェル塔

パリの街にぴったり おしゃれ…(*˘︶˘*).。.:*♡




なんしか
いちいちおしゃれなんよー
フランス♡
街のお花の飾り方ひとつ
街路樹の並び方も
やたら街のそこらにあるオープンテラスのカフェで飲むエスプレッソひとつ
パン屋の気取らない感じ、
夜22時でもまだ明るい芝生の上でのピクニックや
こんなかわいいショーケースにケーキが並んでいれば入らずにはいられないっす♡

(*´ェ`*)…♥”
たまらんチン

* * * * * * * * *


パリからバスで片道5時間–––
念願のモンサンミッシェルに到着っ––!
なんとも神秘的★

小島にあるこの修道院
その昔 修道院たちは死と隣り合わせでここに訪れたそう…
引き潮の時にだけ歩いてたどり着けるいわば日本のお伊勢さん?!
沢山の人が満ちてくる波にのみ込まれてたどり着けずに亡くなっていったそうです
「ここで死ねたら本望」の世界かしら

いまでは文明の利器、道路工事によって海が満ちてくることがなくなったそうです
そしてもうすぐ橋が架かる予定..

そのままの景観であって欲しいと願うけれどね




朝日や夕日に訪れると格別なんですよ〜
ちなみに資料写真です↓




ノートルダム大聖堂のバラ窓 ステンドグラス★


日本のお寺もいいです、
天井の高ーい教会もパイプオルガンや鐘の音が鳴り響いてきれいでした.。.:*♡
ちょうど日曜礼拝中に訪れたのでミサの神聖な雰囲気も味わうことができました◎



夏は丸々1ヶ月の連続休暇を取るヨーロッパの文化

また法律により日曜日の営業禁止。日本では考えられませんね〜
※レストランやお土産物店など営業店舗は許可が必要で、
従業員は通常の2倍の報酬だそうです…

伝統を守り、働くことよりも人生を楽しむことを優先しているフランスの文化。

この文化もSコジ大統領の制策の時に
利益目的の資本主義に少しづつ変わってきつつあるそうですが、

休日は家族でランチをしたり、祖父母のうちで一週間の報告をしあって家族の絆も深めているんですって★



バカンスのある国いいなぁ


またゆっくり行きたいな〜〜




..England..

イギリス

ウィンザー城
エリザベス女王はおられなかったけど
陸軍の騎兵隊のパレードに遭遇
長ーーい帽子がとっても暑そう…



イギリスの田舎町 
コツウォルズ バイブリーで
アフタヌーンティー♪

メニューは
イングリシュティー
スコーン&サンドウィッチ&ドライフルーツたっぷりのケーキ

レーズンの入ったスコーンにクロテッドクリームって言うイギリスのクリームと
特産品のベリーのジャムでスコーンをいただきました

クロテッドクリーム:
バターよりもふわっとしていて生クリームよりも硬い乳製品で美味しかった=

正直期待していなかったイギリスのスコーン。
むちゃくちゃ美味しくて、日本で食べるのと全く違う––!!
あったかくてふんわりしているスコーンって始めてかも(♡´◡`♡)”
そのままお持ち帰りしたかったぁ〜




コツウォルズ ブロードウェイの街並


なんとも うつくしい村…(*˘︶˘*).。.:*


づっとここに暮らしている方は便利や不便なんて関係ないのだろうなぁ
家族があって自然がある、川があって緑があり
変わらぬそこに有るだけなんやろうなぁ


…フランスへ続く ♥



...休暇... 
 

   □ □ □ □ □ □  



しばしお休みします…(*˘︶˘*).。.:*

♥♥♥
........
♥♥♥


行ってきま–す


人間たまには休まねばぁ〜


   □ □ □ □ □ □